ダイアログカスタマイズプラグイン

動作確認

ティラノスクリプト ver4.53
Windowsアプリケーション

前提条件

ティラノスクリプト ver4.53以上であること

できること

  • ダイアログのカスタマイズ
  • 注意事項

    以下の関数を変更しているプラグインを導入、もしくはご自身で修正している場合は動作を保証できません。
    (当プラグインを導入したことにより動かなくなった場合は、導入済みのプラグインも併せてご連絡ください)

    • kag.tag_system.js
      • dialog

      更新履歴

      2017/5/30 ver1.00 公開

      ダウンロード

      dialogEx_v100.zip

      使い方

      プラグインファイル「dialogEx」をdata/other/plugin内に置きます。
      シナリオファイルの冒頭で[plugin name="dialogEx"]を呼び出します。
      パラメータは以下の一覧を参考に設定してください。
      例)ダイアログの幅を400pxに変更
      [plugin name="dialogEx" dialog_width="400px"]

      パラメータ一覧

      http://all.moo.jp/tyrano/dialogex_param.html

      利用規約

      ・改変、改造は自由です。使いやすいようにカスタマイズしてください。
      ・利用制限もありません。商用でも利用可能です。

      使用報告、クレジット表記について

      どちらも任意ですが、ご報告頂けると喜びます。
      クレジット表記頂ける場合は以下でお願い致します。

      作者名 黒豆
      サイト名 Kuromamemo
      URL http://all.moo.jp/tyrano/

    カスタマイズ補助プラグイン

    動作確認

    ティラノスクリプト ver4.55
    Windowsアプリケーション

    前提条件

    ティラノスクリプト ver4.55以上であること

    できること

    1. システムメニューのカスタマイズ[ver1.20以降]
      • システムメニュー表示切替時のフェード時間
    2. ダイアログのカスタマイズ[ver1.30以降]
      • ダイアログのメッセージ
      • 背景画像の変更(背景画像を指定しない場合は背景色)
      • ボタンの不透明度、幅
      • ダイアログ表示中の全画面の色、府透明度
      • フォントの種類、サイズ、色、太さ
      • ボタンのテキスト、色、太さ、丸み
    3. セーブ・ロード画面のカスタマイズ[ver1.20以降]
      • 背景画像の変更(背景画像を指定しない場合は背景色)
      • フォントの種類、サイズ、色、太さ
      • セーブデータ表示領域の表示位置、幅、高さ、ラインの種類・色・太さ
      • 閉じるボタンの表示位置
      • スクロールバーの色、太さ、丸み、スムーススクロール
      • キャラ名表示ON/OFF
      • サムネイルの保存形式、圧縮率、幅、丸み、セーブデータ存在しない場合の画像表示
      • セーブ番号、最新のセーブデータへのマーク表示
      • 日時のゼロ詰め、表示形式(日本語)
      • [save_title]タグで設定されたテキスト表示
      • セーブデータの保護、削除
      • セーブデータのページ表示
    4. バックログのカスタマイズ
      • 背景画像の変更(背景画像を指定しない場合は背景色)
      • 背景の不透明度(背景画像を使用しない場合のみ)
      • フォントの種類、サイズ、色、太さ
      • ログ出力領域の表示位置、幅、高さ、行間、内側の余白、枠線の種類・色・太さ
      • 閉じるボタンの表示位置
      • スクロールバーの色、太さ、丸み、スムーススクロール
      • [p]タグ毎のライン表示
      • キャラ名の太さ、キャラ名での改行、キャラ名後の記号、キャラ名がない場合のインデント表示ON/OFF
      • 選択肢の表示/非表示、選択肢の前に表示する文字、フォントの色・太さ
      • ルビの表示/非表示、フォントサイズ
      • ボイス再生
    5. クリック待ち画像固定表示
      • 固定表示ON/OFF、表示位置

    ※プラグイン導入後、以下の現象が改善します。

    • [r]タグでクリック待ち画像がちらつかなくなる
    • タグでルビ表示時にレイアウトが崩れる(※横書きのみ対応)
    • Config.tjsの「defaultRubySize」と「defaultRubyOffset」が反映されない(※横書きのみ対応)
    • ログ表示領域にカーソルが乗った時にテキストカーソルになる

     

    注意事項

    以下の関数を変更しているプラグインを導入、もしくはご自身で修正している場合は動作を保証できません。
    (当プラグインを導入したことにより動かなくなった場合は、導入済みのプラグインも併せてご連絡ください)

    • kag.js
      • pushBackLog
    • kag.tag.js
      • r
      • l
      • p
      • font
      • resetfont
      • showMessage
      • showMessageVertical
      • glink
    • kag.menu.js
      • setMenu
      • displayLog
      • showMenu
      • setQuickSave
      • loadQuickSave
      • getSaveData
      • displayLoad
      • displaySave
      • doSave
      • snapSave
    • kag.tag_audio.js
      • playbgm
      • stopbgm
    • kag_system.js
      • nolog
      • endnolog
      • pushlog
      • dialog

    更新履歴

    2017/6/20 ver1.31 セーブ・ロード画面を表示する時に挙動がおかしくなる不具合を修正
    2017/6/13 ver1.30 ダイアログのカスタマイズを追加、Config画面を表示するとセーブがうまくいかなくなる不具合を修正、セーブ画面の不具合2点修正
    2017/3/28 ver1.22 セーブ・ロード画面のセーブデータをページで表示するカスタマイズを追加、[logstop][logstart][addlog]タグ廃止、ロード画面でセーブデータを削除した際の不具合を修正
    2017/3/21 ver1.21 [logstop][logstart]の不具合を修正
    2017/3/9 ver1.20 セーブ・ロード画面カスタマイズを追加、オートモードにするとエラーが表示される不具合を修正
    2017/2/28 ver1.10 パラメータ「log_voice_visible」を追加、[playse]によるバックログでのボイス再生機能追加、「log_chara_name_weight」が無効になっていた不具合を修正
    2017/2/26 ver1.02 パラメータ「log_noname_indent」を追加
    2017/2/25 ver1.01 カラーコードで設定が反映されない不具合を修正
    2017/2/25 ver1.00 公開

    ダウンロード

    tyranoEx_v131.zip

    使い方

    プラグインファイル「tyranoEx」をdata/other/plugin内に置きます。
    first.ksの冒頭で[plugin name="tyranoEx"]を呼び出します。
    パラメータは以下の一覧を参考に設定してください。
    例)[plugin name="tyranoEx" パラメータ="設定値"]

    パラメータ一覧

    http://all.moo.jp/tyrano/tyranoex_param.html

    セーブ画面に任意のテキストを表示させる[ver1.20以降]

    [save_title]タグを使用します。

    パラメータ 必須 解説
    text 表示するテキスト
    color × カラーコード
    bold × 太字指定する場合は「true」を指定

    例)[save_title text="表示するテキスト"]

    バックログでのボイス再生機能の表示[ver1.10以降]

    [playse]で設定したボイス再生をバックログに表示させるには、「log_voice_visible="true"」に設定後、[playse]に「log="true"」のパラメータを追加してください。
    例)[playse storage="akane01.ogg" log="true"]

    バックログにテキストを出力させる/させないようにする[ver1.20以降]

    ※[stoplog][logstart]はver1.22で廃止されました。公式タグ[nolog][endnolog]を使用してください。

    バックログだけに任意のテキストを表示させる[ver1.20以降]

    ※[logadd]はver1.22で廃止されました。公式タグ[pushlog]を使用してください。
    プラグイン適用後、[pushlog]タグに以下パラメーターが追加されます。

    パラメータ 必須 解説
    text 表示するテキスト
    color × カラーコード
    bold × 太字指定する場合は「true」を指定

    例)[pushlog text="表示するテキスト"]

    利用規約

    ・改変、改造は自由です。使いやすいようにカスタマイズしてください。
    ・利用制限もありません。商用でも利用可能です。

    使用報告、クレジット表記について

    どちらも任意ですが、ご報告頂けると喜びます。
    クレジット表記頂ける場合は以下でお願い致します。

    作者名 黒豆
    サイト名 Kuromamemo
    URL http://all.moo.jp/tyrano/

    参考

    当プラグイン作成にあたり、参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

    今後追加したい機能(できるかは不明)

    • ルビの縦書き表示対応
    • コンフィグ画面のカスタマイズ
    • ダイアログを装飾できるようにしたい(ver1.30で対応済み)
    • バックログでのボイス再生機能(ver1.10で対応済み)

    「ここをカスタマイズしたい!」というようなものがあれば、Twitterからご連絡ください。
    痒いところに手が届くプラグインでありますように。

    ルビ表示でレイアウトが崩れないようにしたい(ver4.40/4.50)

    ※現在横書きのみに対応しています。縦書きは模索中。(2017/2/22)

    tyrano/plugins/kag/kag.tag.js内のshowMessage:function(message_str)に以下のコードをコメントアウト&追加する。

    var pchar=function(pchar){
    	var c=_message_str.substring(index,++index);
    	if(that.kag.stat.ruby_str!=""){
    		// [edit.start]====================================================================
    		//c="<ruby><rb>"+c+"</rb><rt>"+that.kag.stat.ruby_str+"</rt></ruby>";
    		var ruby_size = that.kag.config.defaultRubySize;
    		var font_size = that.kag.config.defaultFontSize;
    		var ruby_offset = (font_size*-1)+(that.kag.config.defaultRubyOffset*-1)
    		var ruby_str = that.kag.stat.ruby_str;
    		c= "<span style='position:relative;'>"+ c;
    		c+="<div style='position:absolute; top: "+ ruby_offset +"px; left: 50%; margin-left: "+ ((ruby_size*ruby_str.length)/2)*-1 +"px; right:0px; font-size:"+ ruby_size +"px; width:"+ ruby_size*ruby_str.length +"px'>"+ ruby_str +"</div>";
    		c+="</span>";
    		// [edit.end]======================================================================
    		that.kag.stat.ruby_str=""
    	}
    

    上記修正が終われば、Config.tjsの以下の設定が反映されるようになる。
    表示位置やフォントサイズはこっちを修正する。

    // ◆ ルビサイズ
    // ルビサイズを pixel 単位で指定します。
    ;defaultRubySize = 10; // deffont タグの rubysize に相当
    
    
    // ◆ ルビ の表示オフセット
    // 負の数を指定するとその pixel 数分、本文に近い位置に表示されます。
    ;defaultRubyOffset = 0; // deffont タグの rubyoffset に相当
    

    バックログで選んだ選択肢が分かるようにしたい(ver4.40/4.50)

    tyrano/plugins/kag/kag.tag.js内のtyrano.plugin.kag.tag.glinkのsetEventに以下のコードを追加する。

    tyrano.plugin.kag.tag.glink.setEvent = function(j_button,pm){
    	var that=TYRANO;
    	(function(){
    		var _target=pm.target;
    		var _storage=pm.storage;
    		var _pm=pm;
    		var preexp=that.kag.embScript(pm.preexp);
    		var button_clicked=false;
    		j_button.click(function(e){
    			if(_pm.clickse!="")that.kag.ftag.startTag("playse",{"storage":_pm.clickse});
    			if(that.kag.stat.is_strong_stop!=true)return false;
    			button_clicked=true;
    			if(_pm.exp!="")that.kag.embScript(_pm.exp,preexp);
    			that.kag.layer.showEventLayer();
    			// [add.start]====================================================================
    			that.kag.pushBackLog("【選択】"+pm.text);
    			// [add.end]======================================================================
    			that.kag.ftag.startTag("cm",{});
    			that.kag.ftag.startTag("jump",_pm);
    			if(that.kag.stat.skip_link=="true")e.stopPropagation();
    			else that.kag.stat.is_skip=false
    		});
    

    色や太さを変更したい場合は、を追加する。

    that.kag.pushBackLog("<span style="color:red;">【選択】"+pm.text+"</span>");
    

    バックログでテキストにオンマウスした時にカーソルが変わらないようにしたい(ver4.40)

    tyrano/tyrano.css内の/*メニュ-ボタン系*/の下に以下のコードを追加する。

    /*メニュ-ボタン系*/
    .menu_item {position:relative;margin-top:3%;text-align:center;cursor:pointer}
    .menu_item img {width:auto;max-width:80%;max-height:10%;}
    .display_menu .button:first-child {margin-top:0;}
    .display_menu{
        overflow:visible;padding:0;
        z-index: 10000;
        width:100%;
        height:100%;
        position: absolute;
        display:block;
        /*overflow:visible;padding:2%;display:table-cell;vertical-align:middle*/
    }
    /* [add.start] ================================= */
    .log_body:hover { cursor: default; }
    /* [add.end] =================================== */
    

    バックログで会話毎にラインを引きたい(ver4.40)

    ※(2017/2/19) tf.system.backlogに追加しているので、Config.tjsのmaxBackLogNum(テキスト保持数)に含まれます。

    以下のマクロをシナリオ冒頭に定義する。

    [macro name="logline"]
    	[iscript]
    		tf.system.backlog.push("<hr style='border: 1px solid #666; margin:20px 0px -30px 0px; width:100%;'>");
    	[endscript]
    [endmacro]
    

    [p]や[l]の直後に[logline]を記述するとラインが表示されるようになる。
    ラインの位置は、marginの値を変更する。

    *参考にさせて頂きました。ありがとうございます。
    『履歴にだけメッセージを残す』こ・ぱんだ様

    バックログの行間を調整したい(ver4.40)

    tyrano/html/backlog.html内のlog_bodyのstyleにline-heightを追加する。

    <div class="log_body" id="scrollbar" style="border:solid 0px gray;width:90%;height:80%;overflow-y:scroll;padding:5px;line-height:数値px;" align="left"></div>
    

    バックログの余白を調整したい(ver4.40)

    tyrano/html/backlog.html内の以下のコードにあるpaddingの値を変更する。
    (デフォルトはpadding:5px)
    paddingの値を変更した際に枠が画面からはみ出る場合は、heightの値を小さくすれば収まる。

    <div class="log_body" id="scrollbar" style="border:solid 0px gray;width:90%;height:80%;overflow-y:scroll;padding:5px" align="left"></div>
    

    バックログの閉じるボタンの画像をロールオーバーしたい(ver4.40)

    オンマウスが分かりやすいようにボタンをロールオーバーする。(マウスがボタンにのったら画像を切り替える)

    【用意するもの】
    menu_button_close.png(通常、マウスアウトした時の画像)
    menu_button_close_over.png(オンマウスした時の画像)

    tyrano/html/backlog.html内のmenu_item_menu_closeに囲まれているimgタグを以下のコードに変更する。

    <img src="tyrano/images/kag/{{:novel('file_menu_button_close')}}" onmouseover="this.src='tyrano/images/kag/menu_button_close_over.png'" onmouseout="this.src='tyrano/images/kag/menu_button_close.png'" />